養育費確保の為の離婚公正証書作成専門 離婚専門行政書士 平井孝史 平井プロジェクト 千葉県野田市

養育費確保の為の離婚公正証書作成の専門家

平井プロジェクト

離婚公正証書の作成をお考えでしたら、
離婚専門行政書士事務所、平井プロジェクトにご相談ください。
柏・松戸・市川・船橋・千葉・成田などの千葉県内や、東京・埼玉・神奈川・
茨城県内の公証役場での離婚公正証書の作成を承っております。
全国対応可能です)



どんな些細なことでもご遠慮なくご相談ください。
親身になってご相談に応じさせていただきます。
女性カウンセラーもおります)

 

〒 278-0002
千葉県野田市木野崎1758-39

 


hirai-project@nifty.com
hirai-project@docomo.ne.jp

離婚専門16年の信頼と実績
公正証書の作成に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

04-7121-7745

営業時間:9:00~22:00
全国各地からご依頼をいただいております

公正証書を作成するメリット 
「費用対効果」で考えると…

大学の卒業.jpg

費用対効果

お子様一人を育て上げるまでにかかる費用は、約1,300万円といわれています。

今ここで当事務所への報酬と公証役場への手数料と合わせて8万円の公正証書の作成費用がかかったとしても、

例えば「養育費月額5万円」という取り決めをすれば

たった2か月養育費を確実に受け取れた時点で作成費用の採算が取れますし、

お子様が現在7歳だとして、1ヶ月5万円、毎年60万円、大学を卒業するまでの15年間、毎月養育費を受け取れれば、

5万円(1ヶ月) × 12ヶ月(1年) × (15年) = 合計900万円

子どもを育てるために必要な約1,300万円のうち、約900万円まで確実に受け取ることができます。

8万円で総額900万円が必ず当たる宝くじがあったら、絶対に買いませんか?

そのほかにも年金受給時に受け取れる年金分割などの共有財産や慰謝料まで確実に受け取れますので、公正証書を作成した意義があったといえます。

公正証書を作成しなければ養育費でさえ5人中4人が養育費を受け取れなくなるのが現実ですから、財産分与や慰謝料など、さらに受け取れなくなる可能性のほうが高いです。

支払いが滞れば「強制執行」という相手方の財産などを差し押さえる強制執行手続きをして金銭を確実に受け取ることができます。

費用対効果を考えても絶対にプラスです。

ぜひ一度ご相談ください。

るべきお子様のために、今ここでちょっとだけがんばってみませんか?

一生にたった1度の公正証書の作成です。

今ここで万全な公正証書を作成して今後10数年に渡る安心を手にしていただけるよう、誠心誠

意お付き合いさせていただいております。